GPSの種類

GPSといえば、その機器の位置がリアルタイムでわかるものというイメージがあるかもしれません。 しかしこの機器にもいくつかの種類があり、それによる違いもあります。 都合のいい機器を選ぶため、これら種類による違いをご紹介しましょう。
まず知っておきたい違いは、通信機能の有無です。 携帯端末のように通信機能を持っている機器と、持っていない機器とがあります。 これらによって違いが出るのは、GPS機器の位置情報の調べ方です。

通信機能があると、一般的なイメージ通り、GPS機器が今ある位置をリアルタイムで把握できます。 それができるのは、この通信機能があるからこそなんですね。 この機能で今の位置情報をその都度送信できますから、今この瞬間にその機器がどこにあるのか、すぐに把握できます。 GPS機器を持たせた人の位置を今すぐ特定する必要がある場合など、こちらのGPS機器を選ぶ必要がありますね。

それに対して通信機能がない場合、リアルタイムでの位置情報は把握できません。 コチラの機器でわかるのは、この機器の電源を入れてからこれまでの間の、位置情報の履歴です。 どのような経路をいつ通ったのか、その足取りのログを確認するような形になりますね。

また、その情報を確認するためにも、こちらのタイプだと一度GPS機器を回収し、それをPCなどと直接つなぐ必要もあります。 これも通信機能がないからこそですね。 こちらは一般的なGPS機器のイメージとはだいぶ使い方が変わりますので、注意してください。 コチラが向いているのは、その人の一日の足取りを後で確認したい場合などです。 そうではなく、その瞬間の位置情報をいつでも確認したいときは、こちらではなく通信機能がついている方を選ぶようにしてください。

このような基本的な種類の違いのほか、あとは性能の違いがあります。 リアルタイムでの追跡にせよ、あとで記録をまとめて見るにせよ、その位置情報がどれだけ正確なものになるかは、この性能の違いによります。 性能がいいものなら、その位置情報はかなり正確です。 誤差がまったくないわけではありませんが、かなり正確にその人の位置情報を教えてくれます。 子供の迷子対策など、できるだけ正確な位置を知りたいときには、なるべく性能のいいものを選ぶといいでしょう。

それに対してほどほどの性能のものを選ぶと、位置情報の正確性もほどほどとなります。 どこにその機器があったのか、エリア単位ではほぼ正確に絞り込めますが、そのエリア内のどこにいたのかを正確に絞り込むのは難しくなっていきます。 ある程度の足取りがつかめるだけでいいなら、こちらでも十分でしょう。

このようにGPS機器にはいくつかの種類があり、それによる違いもあります。