GPSによる浮気調査を成功させるには

GPSを使った浮気調査を成功させるには、この調査のことがパートナーにばれないことが大事です。 これには2つの理由があります。 1つは浮気調査を警戒されないようにするため。 もう1つは、逆にパートナーから訴えられるリスクを避けるためです。
まずは浮気調査を警戒されないためにも、GPS機器はばれないように仕掛けてください。 もしこれを警戒されると、しばらくは浮気を控える可能性が高いですよね。 かといって、完全に浮気を止めるかといえば、必ずしもそうとは限りません。 よりばれにくい方法で浮気するようになったり、会う頻度を落としたりと、結果的にますます浮気のことを調べにくくなることも多いです。 そうならないように、GPS機器はばれないように設置したいんですね。

そしてこれは、GPS機器を仕掛けた方を守るためでもあります。 すでに夫婦関係があるとはいえ、相手の足取りを内緒で追跡するためにGPSを仕掛けるのは、プライバシーの侵害になる可能性があります。 実際には夫婦という関係性や、浮気調査という目的から、プライバシーの侵害だと明確に判断される恐れは少ないのですが、リスクがゼロになるわけではないんですね。

特に気を付けたいのが、パートナーのカバンなどに直接GPS機器を仕込む場合などです。 身近な持ち物に見慣れない機器が入っていると気づく可能性は高いですし、それがばれた場合、パートナーからの信頼を大きく失う可能性も高いです。 その結果、相手から逆に訴えられるリスクも高くなるんですね。 実際には浮気の事実がなかった場合など、かなり不利な立場となるのは間違いありません。 このようなリスクなく、パートナーの浮気の可能性をできるだけ正確に調べるためにも、GPS機器はばれないように仕掛けることを意識してください。

そのコツは、なるべく自動車や自転車などに機器を取り付けることです。 特に自動車はシートの下など隠せる場所が多いため、仕掛けた後にそれがばれる可能性は低いです。 そして浮気相手に会っているときの車の位置で、ある程度の浮気調査はできます。 ラブホテル付近に止まっていればかなり怪しいですし、どこかの大型駐車場に止めているときでも、その周辺で浮気相手と合流している可能性がありますよね。 それがわかれば、その付近で待機していれば、パートナーの行動をより詳細に把握できます。

自転車だと自動車よりはばれる可能性があるものの、持ち物に仕掛けるよりは安全性は高いですね。 そして万が一ばれた場合も、リスクは少なめです。 これら持ち物は夫婦の共有財産とみなされるのが普通で、それに夫婦のどちらかが自分でGPS機器を取り付けることに問題はないからです。 このようにパートナーにばれないように、そしてばれても問題が少ないようにGPS機器を取り付けることで、浮気調査を安全に実施でき、成功もしやすくなりますよ。