GPSにかかる費用

悩みの解決に向けてGPS機器を使うためには、いくら費用がかかるのでしょうか? 携帯端末などに比べて使う機会は少ないでしょうから、その費用の相場などをよく確認しておくといいでしょう。
まずこれを購入する場合です。 このときにかかる費用は、そのGPS機器の本体代と、それに通信費がかかることもあります。 これはまさにスマホなどを新規購入するときと同じですね。 その機器本体代はいいとして、これにも通信費がかかるのは、位置情報をリアルタイムで把握するには、その機器から情報を発信する必要があるからです。 この通信は、無料ではありません。 スマホで通信するときと同じように、通信にはお金がかかります。 そのため、GPS機器を購入すると、本体代と通信費がそれぞれかかる場合があるんです。

費用の相場をご紹介しましょう。 まず端末本体代について、これは選ぶ機器にもよりますが、安いものでは3〜4万円ほど、高いものでは5〜6万円ほどします。 値段の違いは、性能の違いだと思ってください。 バッテリーの稼働時間が長かったり、より正確な位置情報を把握できたりするものほど、値段が高くなります。 それらは、プロの探偵からも選ばれるものですね。 もう少し機能がお手軽なものだと、値段も安くなります。

コレに通信費がかかる場合、その値段は月額制になっていることが多く、1ヶ月あたりだいたい3000円から4000円ほどになることが多いですね。 ちなみにそのGPS機器がリアルタイムの位置情報を発信せず、その機器の位置情報を記録するだけになる場合、この通信費はかかりません。
機器を購入する場合、このような形になります。
ではこれをレンタルで調達すると、どうなるでしょうか? 費用のシステムも各レンタルサービスによって違うのですが、人気があるのはその本体レンタル料やその通信費などを全部含めて、定額のパック料金になっているものです。 簡単に言えば、そのGPS機器を借りたユーザーは、所定のレンタル料を払えば本体を自由に使えて、通信も使い放題です。 とてもシンプルでわかりやすい料金システムですから、人気があります。

実際の料金はレンタル期間あたりでいくらと決まっています。 たとえば15日間で2万5000円ほど、30日間で3万5000円ほどといった形です。 15日以下の短期レンタルなら1万円台で借りれることもありますし、30日以上の長期レンタルなら5万円以上といった例もありますね。 これらレンタルにかかる料金は全部ハッキリ決まっていますので、事前によく確認して利用するといいでしょう。 GPS機器にかかる費用はこのようになっています。