浮気調査に

はっきりした証拠が出ないことも多い浮気。 この悩みの解決にGPSでの追跡を使うのもいい方法です。 浮気は隠れて行われるのが普通ですが、それをやっている以上、どこかには浮気の現場があるはずですからね。
実際、探偵などに依頼できる浮気調査も、その実際の方法は、そのパートナーの後を探偵が徹底的に尾行するというものです。 結局は追跡調査になるんですね。 そこで浮気が行われていれば、浮気判明として依頼人に報告されます。 このような尾行による調査を個人でやるのは難しいですが、GPSを使えば個人でも可能になりますよ。

この調査のためには、専用のGPS機器を用意して、それをパートナーに持たせるのが基本です。 常に車で移動している人なら、車に機器を取り付けるといいでしょう。 これならGPS機器をこっそり取り付けられる場所も多いため、個人でも設置が簡単です。 パートナーにばれる心配も少ないですね。 ただし、この方法だとパートナー個人の居場所ではなく、パートナーのその車の追跡になる点は注意してください。 浮気相手をパートナーが車に乗せ、どこかに連れて行くといった浮気でない限り、この方法で浮気を追跡するのは難しくなります。

そのため、車好きで基本的に自分の車で移動しており、だいたいは人を自分の車に乗せて移動するといったタイプの方の浮気調査に、この方法がオススメです。 車の中に見慣れない髪がよく落ちているなど、浮気を疑わせる証拠が車の中でよく見つかっている場合なども、車にGPS機器を取り付けてみるのもいいでしょう。 実際に位置情報を確認してみて、ラブホテルなどに車が長時間止まるようであれば、浮気が強く疑われます。

このように車を多用するタイプの浮気なら、車へ機器を取り付ければある程度の浮気調査ができます。 しかし車を持っていない方や、持っていても多用はしない方の場合、車にGPSをつけても浮気の調査はできませんね。 そんなときは、パートナーの持ち物へこっそりと機器を取り付けるしかありません。 発信機のサイズは、小さいものだとタバコの箱と同じくらいか、それよりやや小さいくらいです。 これならパートナーの持ち物にも仕込めますね。 ちなみに軽いものですが、固さはどうしてもありますので、パートナーの服に直接仕込むと感触でばれやすくなります。 どちらかといえばカバンなどにこっそり仕込むのがオススメですね。

こうするとパートナー個人の足取りを追跡できるようになるため、浮気調査もやりやすくなります。 あとはパートナーの足取りの履歴と、パートナーのその日の行動の自己申告とを比べ、浮気の有無を判断するといいでしょう。