GPSで悩みを解消

家族の行動で悩みがあるなら、GPS機器を本当に使ってみるのもオススメです。 これは誰でも使えるアイテムですが、これで悩みを解消できることもあるからです。 その使い方やコツなどをいくつかご紹介しましょう。
まずGPS機器の基本ですが、位置情報を記録・発信する専用機器を使って、その機器の位置情報を把握するというものです。 居場所を知りたい相手にこの機器を持ち歩いてもらえば、その相手の位置情報がわかるわけですね。 コレを使えば、家族の居場所が分からなくて困るといった悩みを解決できます。 よくいなくなる相手にこの機器を持たせれば、位置情報を他の家族が確認できます。 居場所が分かり次第、迎えに行けますね。 ちなみに最新の位置情報の確認は、スマホといった携帯端末でできることが多いです。 最新の居場所をリアルタイムで表示できる場合もありますから、ずっと移動している相手でも追跡可能ですよ。

このほか、パートナーの浮気調査のために、この機器を使う方法もあります。 浮気は隠れて行われるのが普通ですが、位置情報を確認して相手の足取りを追えば、浮気の現場を確認できます。 これをするときは、相手には黙って機器を設置する場合が多いでしょう。 浮気調査のためと伝えるわけにはいきませんからね。 少し難しい部分ですが、どうしても浮気の有無を調べたいなら、このような使い方もできます。

ただし、浮気調査に使うなら知っておきたいことがあります。 もしパートナーが浮気をしていたら、GPS機器の記録だけで証拠となるかはわかりません。 浮気を理由として離婚や慰謝料請求などしたいときは、GPS機器の記録だけでなく、もっと直接的な証拠があった方が有利です。 その証拠とは、たとえばパートナーが浮気相手の自宅へ入っていく瞬間や、ラブホテルに入っていく瞬間の映像や写真といったものです。 GPS機器の活用で目撃した光景や、GPS機器の記録などが浮気の決定的証拠になるわけではありませんので、その後に離婚や裁判などを考えているなら注意してください。

このようにいろいろなパターンがありますが、GPS機器を使えば家族の足取りなどを追跡できます。 悩みの解消に役立ちますが、使い方の基本として、これら機器の稼働時間に注意してください。 スマホなどと同じように、これは充電式の機器です。 満タンまで充電しても、稼働できる時間には限りがあります。 充電満タンから使用したとして、約1日で充電が必要になるものもあれば、5日ほどは充電ナシでフル稼働できる機器もあります。 いずれにせよ、その機器の稼働時間を超えて電池が切れると、それ以上は位置情報を追跡できなくなります。 完全充電したときの稼働時間の目安や、残りの稼働時間などには注意してください。

必要な電池容量は、目的に応じて選ぶといいでしょう。 たとえば子供が数時間だけ外出するときに持たせるものなら、基本的に1日単位で充電が必要になるものでも十分ですね。 これがパートナーの浮気調査など、何日にもわたって継続的に位置情報を把握したいなら、数日はフル稼働できるものがいいでしょう。 このように目的に応じて使い分けてください。

各GPS機器は市販もされていますし、レンタルでも提供されています。 お試しで使ってみたい方はひとまずレンタルを、今後も長く使えるGPS機器が欲しいなら購入するのもいいでしょう。 どちらにしてもGPS機器の調達は簡単です。 手元に用意できたらさっそく使ってみるといいですが、基本的な使用マナーには気を付けてください。

これらGPS機器は、迷子になった子供を迎えに行けたり、浮気を調べられたりと非常に便利ですが、使う相手は特に選びませんから、赤の他人の位置情報でも把握できます。 悪用すれば、他人をストーカーする目的でも使えるわけです。 もちろんそのような使い方は想定されておらず、レンタル時の使用規約や、購入した商品の説明書などで禁止されている使い方です。 いくら悩みを解決する目的でも、家族以外の方の位置情報を勝手に把握し、その上で待ち伏せなどすると、プライバシーの侵害で刑事罰に問われる可能性もあります。

そのような明らかな悪用はしないまでも、悩みの解決のためにそのような悪用をしたと判断されかねない状況にも注意してください。 間違えてやってしまいがちなのが、恋人の浮気調査のために、勝手に相手へGPS機器を仕掛けて追跡することです。 このようなGPS機器を赤の他人に仕掛けると問題になるわけですが、ここでいう赤の他人には、恋人も含まれます。 恋人は親しい知人になりますが、正式な家族関係はないため、GPS機器を勝手に仕掛けるといった行為は違法と判断される恐れも強くなります。

恋人に浮気の疑いがあると、このようなGPS機器を使った調査も正当な権利だと思えるかもしれません。 ただ、相手の位置情報を把握することから、相手が家族になるなど、かなり近しい関係がないとトラブルになる恐れがあるのは事実です。 すぐにGPS機器を仕掛ける前に、今悩んでいる相手との関係がどんなものかは、一度振り返ってみてください。 GPS機器を使っても問題ないと、客観的に判断される近しい関係があることは確認してから、この方法を試してくださいね。